2020.05.19 カテゴリー:

今回は業務用金庫(Dragon)のシリンダー交換を紹介します。キーシリンダーも長年使っていますと、中のピンがすり減ったり不具合が発生して、開錠できなくなる事があります。
動きが変だと思ったら早めに交換しておきましょう。焦らずに済みますし😰交換のみの料金で済みます。今回は完全に開かなくなってしまいましたので、開錠+交換の料金になりました。
だいぶ苦労してた様で、大変喜んでおられました。私も嬉しい😄

DSC_0094

2020.05.15 カテゴリー:

今回は「玄関の鍵が掛けれなくなったので視てください」というご依頼です。
この扉は、引戸の2枚戸で真ん中から両サイドに開く扉です。写真が下手で少し分かりずらいかもしてませんが、もともとは左図の様な横から差し込むMIWA(ディスクシリンダー)が付いています。古い切欠き穴を活かせない為、2枚戸の真ん中に鎌錠を取付けました。30年位前の玄関引戸で、同じ作業を何度かやっております😊

DSC_0183

2020.05.13 カテゴリー:

「いつも鍵だけで開閉していたのですが、小さい子供さんがダイヤルを回してしまい、番号が分からないので開けてください」という御依頼です。
業務用のダイヤルが付いている為、ITL-2000を使います。指定した間隔で総当たりで回していくので、最初の番号が遠いとだいぶ時間がかかります。今回は一時間半位で開いてくれました(^^)/

DSC_0229

2020.05.11 カテゴリー:

お馴染み引戸錠の交換です「もう何日も、カギが掛けずらい状態が続いているので交換してください」というご依頼です。
ALPHA(ディンプルキー)に交換させて頂きました。このカギは手元にラバーが付いていたり、カギ穴の回りが夜光で光ったり、差込口がすり鉢状になっていて押回しではないので、高齢の方でも扱いやすい作りになっています。

DSC_0294

2020.05.08 カテゴリー:

今回は「鍵を失くしてしまい、怖いので錠前(シリンダー)を交換したい」というご依頼です。
鍵を紛失した場合、住宅(自宅玄関・会社出入口)は基本カギの交換をお勧めしています。悪人がカギを拾っていた場合を考えますと、万が一がありますので「費用より安全を優先してください」とお願いしています。特に小さい子供さんがいる家庭などは注意が必要です。

DSC_0157

2020.05.06 カテゴリー:

「スバル(ステラ)の、カギを全て失くしたので作って欲しい」というご依頼です。
セキュリティー有り・イモビライザー無しのお車で、また失くすと悪いので、合鍵1本追加して終了致しました。

DSC_0218

2020.05.02 カテゴリー:

「自社ビルのワンフロア(6部屋)を、オフィスとして貸し出したいのでカギを付けたい」というご依頼です。
最初は「ドアに加工(穴あけ)して付けて下さい」ということでしたが、数年後にまた自社フロアとして使う可能性を考えて、加工せずに鍵付きのレバーハンドルに交換させて頂きました。

DSC_0004

2020.05.01 カテゴリー:

今回はド派手な、カバ(カバスターネオ6800)の引戸錠交換を紹介します。
某部落の公民館のカギで「カギがたくさんありすぎるので本数を制限(管理)できる様な引戸錠に交換したい」というご依頼です。
この錠前は登録制になっていて、基本カギ屋さんでは合鍵が作れないようになっています。合鍵が必要な時は登録番号と鍵番号からメーカーに発注するかたちになります。ですから鍵番号だけですとメーカーは作りません。少し値は張りますが、その分安全なカギと言えるでしょう。右写真の様に室内側も二重ロックの念の入れようです。

DSC_0054

2020.04.30 カテゴリー:

「金庫の鍵は有るけど、ダイヤル番号がわからなくなったので開けてください」というご依頼です。
今回は古い小型の日本金庫です。日本金庫は4枚板の一番内側の板を、写真の様にギザギザに刻みを入れて開錠しずらくしてあります(古いタイプによく見られます)
ちなみに、右下の赤いのは私の足です。失礼(笑)

DSC_0074

2020.04.29 カテゴリー:

今回は「トイレのドアが開かなくなってしまったので、なんとかしてください」というご依頼です。
写真Beforeは完全にラッチが壊れていて、ドアハンドルがダランと垂れ下がった状態になっています。こうなるとハンドルを回しても、ラッチが引っ込みませんのでドアは開きません。開錠した後、技研(Jレバー)に交換させて頂きました。
トイレ錠は壊れると、中に人が閉じ込められる可能性があり要注意なんです。何回も現場に立ち会ってきました。

DSC_0019

ページトップへ